studio-opsis Blog

opsis.exblog.jp ブログトップ

最高の試合が最悪のマナーの試合に・・・

マスコミに言いたい!
『国内男子プロゴルフツアーのサン・クロレラクラシック(7月30日~8月2日、北海道・小樽CC)で、選手のミスに観客が拍手するマナー違反があったとして、ツアーを主催する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の山中博史専務理事が当該選手に謝罪していたことが14日、分かった。
 この大会は石川遼選手(17)が優勝した。問題の行為は最終日の2日、石川選手と同じ組だったオーストラリアのブレンダン・ジョーンズ選手(34)がバーディーパットを外した際、観客の一部から拍手が起こった。ジョーンズ選手は1打差の2位に終わった。石川選手はこの件について「ゴルフは紳士のスポーツで、(相手が)外したことを喜ぶ応援のスタイルはない。ギャラリーの方も真摯(しんし)な気持ちで観戦してもらいたい」と話している。
 ジョーンズ選手は13日に米ミネソタ州で開幕した全米プロ選手権に出場しており、役員として参加している山中専務理事から12日の同選手権公式練習中に口頭で謝罪されたことを明かした。ジョーンズ選手は「日本で長年プレーしているが、ああいう場面に遭遇したのは初めて。非常に残念な気持ちになったが、山中さんから誠意を尽くしていただいたし、今は全く気にしていない」と語った。』


こういった事を、もっとニュースやワイドショーで取り上げないと、日本人のマナーが悪いのが直らないんじゃないかな! 中国人の事ばかり言ってられないと思います。

ゴルフを観戦するときの、マナーをもっとTVで教えないと駄目ですよ!


きっとあの時、石川遼がインタビューでながした涙は、観客に対する悔し涙ではなかったのでしょうか?

あの観戦者の拍手のことで、あの最高の試合が、最悪のマナーの試合になったのだから・・・
[PR]
by studioopsis | 2009-08-15 16:55 | Golf